しーぼーデザイン since 2003

blog ブログ

MacでWindowsを動かしてる方へ…(VMware Fusion編)

2018.03.11

誤って、VMware Fusionを立ち上げるのに大切な、仮想マシンを削除してしまった…(号泣)
特に大切なものを保存していたりするわけではないが、やよいの青色申告を入れてたので再インストールが面倒なくらい..
また、0から仮想マシンを構築していかないといけない。
あ〜、こんなことで時間取られたくない…。

まずはWindows10は7からのアップグレードで使ってたので、7のディスク探して…
まずは7のインストールは成功。
これは簡単だった。
そのままの勢いで10へのアップグレードをしようと進んだら、マシンの認証が終わってないとかで、もう一度プロダクトIDを入れろと…
これは仮想マシンの保存先を別の外付けHDDにコピーしてたので新規インストールと見なされ、その為には再認証を求められたようだ。
あ〜、めんどくせ〜。
死ぬほどめんどくせ〜。
プロダクトIDを入力したら、電話での認証をしろということでマイクロソフトに電話をする。
更に細かなインストールID的なものを入力させられて、やっと終わったと思ったら、このPCでのみ使用するかと聞かれたので、仮想マシンの保存先を変えたかったので、インストール後にバックアップを取るという意味合いで「いいえと」答えると、オペレーターと直接話せと…
もう、サポート時間外なので明日だと…

翌朝、改めて電話するとオペレータが出てその人の言う通りに数字を入力させられてとりあえずは認証は完了。
次回は複数のマシンで使わないにしないと…
で、再度アップグレードにかかるも最後に
「0xC1900101-0x20017 safe_osフェーズで失敗しました。」
これがこの後、延々出続けるのであった。

ネットに出てる全てを試してみたがラチがあかず…
これは大人しく無料アップグレードでなく有料の製品版のWindows10を買わなきゃダメそうか…
Macはもう長いこと無料なので信じられない。
しかも、1マシンのみとか…
またはVMware Fusion側をアップグレードするか…誰かがネットでVMware Fusionを最新版に上げたけどダメで
アップデート用のISOを外付けHDDに保存し、仮想HDDディスクの設定をSCSIからIDE変えて成功したとあった。
自分の場合は逆にこれは先にやっていて、残るはVMware Fusionのアップデート。
そのために6,253円…(涙)
まぁ、仕事で使いまくるので仕方ないかと諦めて一か八かのアップデート。

インストールも済んで、古いバージョンで構築したWindows7の仮想マシンを新しいバージョンで開いてみる。
すると…「接続先の有効なピアプロセスが見つかりません」とかいう謎のエラー。
流石に諦めモード…(泣)
このエラーは意味がわからない。
ググってみたが、言ってる意味がわからない回答ばかり…
すると、単に再起動でエラーが消えたとの情報が。
ヤケクソで試してみると、エラーが出ない!(喜)

無事にWindows7は受け継がれたが、また認証されてないと出ている。
また、プロダクトIDか…Orz
すると、数秒後に認証が済んでると表示が変わった。
何だったんだ…

さて、Windows10にアップグレードだ〜
妙に時間がかかる。
最後に「0xC1900101-0x20017 safe_osフェーズで失敗しました。」が出てた画面になる前にWindows10の田の画面でカーソルが回ってる!
これは成功か!? やった〜!成功だ〜!
今まではFusion7を使っていて、前回の無料アップグレードは成功したのだが、今回は失敗だった。
原因はわからないが、2回目のアップグレードは失敗するらしい。
先ほどの「0xC1900101-0x20017 safe_osフェーズで失敗しました。」が出て先に進めない人は、ぜひVMware Fusionのアップグレードを試してみてほしい!

しかし、この後やよいの青色申告の復活にものすごい時間を要することになる。
その件はまたいつかということで…

※仮想マシンの保存場所を変更した際は、変更後初めての起動時に仮想マシンを「コピー」したか「移動」したかを聞かれるが、その際には「移動」を選択して下さい。
 「移動」であれば、プロダクトIDの再認証とかせずに済みます。これが、今回の最大のミス…orz

関連記事

Archive

Category

Recent Entry